振り返り・ラジオトーク・ダブルスタンダードダブルスタンダードトリプルスタンダードましまし

振り返り

あとからまとめて読んだり、もっと時間が経過してから読んでいる人には関係ない話だが、この「どうでもいい話」を当初のHTMLファイルからWordPressの記事へとインポートしました。2019年2月2日の話である。初期の頃の記事には日付がないが、書いている内容から1999年頃が始まりで、この一つ前の記事が2006年である。13年のブランクだ。いくつか書きかけのものもあったのだけど、ちょっと書いてみても掲載するのが面倒だと思うと最後まで書くのが面倒になってそのまま削除してしまった。

読み返してみても、だんだんモチベーションが下がって、内容というかジャンルのようなものがまとまりきらずに発散してしまっているのがよく分かる。ほとんどが二十歳から三十歳くらいまでに書いたものだけど、まあ、人が読むと「あ、これ好き」と思っても、「あれ?」となってしまうのは想像に難くない。

とはいえ、自分だから分かることもある。あまり自分は変わってないということだ。

もう一つ分かることがある。社会もそれほど変わってないということだ。

大体、私の関心は凶悪な犯罪とかサイコパス的な、モラルや人間味の無い犯罪者の心理だったり、差別や偏見を持つ人のことだったりする。で、昔からそれを書いているけど、世の中もあまり変わらずそんな調子だったりする。言及している事件そのものは古いけど、要約するといじめや洗脳、組織的隠蔽や集団心理だったりして、変わってないなと思う。そういう事件は定期的に起こるし、世間の反応というのも変化がない。

別のところで繰り返し書いてるけど、私の恐怖の一つとして、何もしてないのに集団が何かを決めつけて反論も聞かれずに身に覚えのない罪でリンチに遭うみたいなのがあるのである。

最近だとこの典型的なパターンだとメキシコでの事件である。

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46217585
SNSのうわさのせいで焼き殺され、メキシコの小さな町で

職質を受けた男二人が、なぜか子供を誘拐して臓器売買している犯罪の犯人だという噂がSNSで流れて、警察署を出たところで集まった群集に焼き殺されたというものである。こんな恐怖があるだろうか? こういう事態から身を守る術はなく、さらに悲劇的なことに再発を防ぐ方法もほとんどない。SNSが無い時代からこういう事件は起こってきたのである。いつでもまた起こるだろう。

とはいえ、ちょっと進展というか、自分が分かったことがある。『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』という本に書かれていることなんだけど――ただ、何年も生きていると、学問的に判明したことを何十年という単位で知らないということが平気で起こるということが分かってくるので、最近出た本に書かれたからといってそれが最近の知見であると必ずしも言えないわけだけど。この本では最近分かったと言っているけど、それでもなおである――人間というのは読解力や論理的思考というのがほとんどできないといことである。出来ない人が四割もいるという。四割では少数派とはとても言えない。

Amazon の書籍紹介にある問題をここで掲載する。

この意味が分からないのが4割くらいいるということである。

なるほどと思った。推理や仮定を組めないということなんだろう。嘘をついているとか騙しているとかいう話があったとして、その推理の先に「そこで嘘をつく意味がない。騙しても何の得にもならない」という結論が得られるなら、愚かなことはしないだろうし、おかしなデマに踊らされることもしないだろう。それができない人がたくさんいて、そういう人が割と目につくというのが今のネット社会というものなのかもしれない。

この論理思考のテストはみんなに受けてみて欲しいものだと思う。

ただ、こういうことが出来ない人だからといってそれが社会に有害だという話にはならないので、そこはまたそこで誤解や偏見を持たないようにしないといけない。

ラジオトーク

この13年間で大きく変わったことといえばラジオを聞くようになったことである。加齢のせいもあるだろう。Radiko のおかげとスマホのおかげも大きい。電波を受信するラジオも手元にあることはあるのだが使うのはもっぱら Radiko である。ラジオ電波よりネットの通信の方が安定しているのでしょうがない。というか、こんなにラジオの音声ってクリアだったんだなと思ったくらいである。

最初はちょっとしたことだったが、続けて聞いていくうちに、ラジオの喋りの技術というものが分かってくる。まだ分かってないかもしれないが、それでも当初よりは分かってきて、そこに明確な優劣があると分かった。

もちろんなんでもそうだが、頂点の方に行くと素人にはよく分からない。どっちもうまいとしか分からず、優劣については不明である。

それでも下の方から、初心者、中級者、上級者くらいは分かる。自分にも出来るかというとちょっと分からないが、場面場面でラジオパーソナリティのうまい喋りを思い出し、それを意識してトークを組み立てるというのもするようになってきた。残念なことに四六時中はできないが。そこまで身についているわけでもないのである。けど、意識してトークの技術を使ったときはちゃんとうけるので外れているというわけでもないだろう。

で、ここで、ラジオ的なトーク力とは何かを言葉で説明しようと思ったんだけど、これがどうにも難しい。まだそこまで論理構築できてない。ここをこうすればもっと聞きやすいのにとか、そういう視点を持つまで至っていないのである。あまり批判的にラジオを聞くのも嫌なのだけど、少し勉強して技を盗むことを意識してもいいのかもしれない。

せいぜい十年に満たないような素人が何を言うんだという感じなのだけど、それにしても、ずっと聞いていかないと面白さの真髄に気づけないというのはマニアックなメディアだよなと思う。

ダブルスタンダードダブルスタンダードトリプルスタンダードましまし

給料はたくさん欲しい。商品は安い方がいい。

人の不幸は楽しい。自分の不幸は楽しくない。

楽して儲けたい。自分より楽してる奴は許せない。

年金はたくさん欲しい。ほかの人よりたくさん欲しい。

悪いことをした奴は許せない。自分が悪いことをしたときは許して欲しい。

なんにもしたくない。なんかしろ。

言われなくちゃ分からない。言われなくても分かれ。

急に怒ったり泣いたりするな。急に怒るときも泣きたくなるときもある。

普通で充分、なぜ普通にできないのか。普通の人ができることが出来ない自分を許して欲しい。

男はいいの? 女はいいの?

子供はいいの? 大人はいいの? 年寄りはいいの?

貧乏人はいいの? 金持ちはいいの?

日本人はいいの? 外国人はいいの?

芸能人はいいの? 政治家はいいの? サラリーマンはいいの? 自営業はいいの?

俺はいいの? お前は駄目なの?

平等にしろ。不公平なのが世の中。

三度目の正直。二度あることは三度ある。

「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン

「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトンより。まあ、政治ネタはアレなんだけど、非常識もいいところなので。

自民党では昔、似たような、御用聞きで個人のお願いを聞くことを違法した法律にも反対したことがあった気がする。なんて面の皮の厚い連中だと思ったけど。

(2006年12月16日)今日の駄反応・天下り問題で色々突っ込まれてます。まあ、そういうことはいいっこなしである。「もう顔も見たくない」なんて台詞は大抵嘘だし。

より多数のルール・水から沸かしていくと蛙は逃げない・おばあちゃんそんなこと言わないで

より多数のルール

 猟奇殺人鬼のことがたくさん載っているページを見つけて,貪り読んだ。殺人犯の育て方もよく分かった。過度に甘やかされるか,過度に厳しくされるかすると殺人鬼になるのだ。

 私は小さい頃から,「家族は怖い」と思っていた。父の口癖は「家族なんだから」で,これは特に私が高校生ぐらいになった頃から父の口に出てきた言葉である。思うに,それまではきちんと心でつながっていたものが,言葉で家族なんだからと口に出さないといけないくらい,結束があやふやなものになってしまったんだろう。

 「家族なんだから」という枕詞を使って提案されるルールを,私は家族だから守った。もっとも意味はぜんぜん違う。ほかに行く場所がないし,守らないという選択肢がないという意味で,私も家族には違いなかった。

 ずいぶんあとになって,意地悪く,私は,「家族なんだから」という言葉を使って自分の主張を通してみた。父は,「家族っていうのをそういう風に使うのか」と言った。まさしく,私が伝えたかったことだ。

 猟奇殺人犯の家族を見ると,私は自分がそういった環境にいなかったということを実感する。異常な人間は,もっと原因が分からないほど異常な環境の中で育っている。とても私ごときが追従することなどできないほど,突き抜けたスピードと方向性を持っている。そっちに向かってそんなスピードを出しちゃうの?ってことだ。俺はそんな道を見つけられなかったし,そこに向かってアクセルを踏み込むほど自分が嫌いなわけでもない。

 それでも,私はある程度のシンパシーを殺人鬼に感じることができる。私自身も,家族全員が破滅することを望み,自分という人間のどこかを決定付けられたことに,やり場のない怒りを感じる。

 私がしかし,殺人鬼にならず,自己破壊に対してもそれほど夢中になれなかったのは,社会のおかげである。家族は怖いが,社会は優しい。社会に何かをしてあげれば,ちゃんと感謝され,自分に何かが返ってくる。際限なく時間や気持ちを吸い尽くし,満足することのない家族というものに比べれば,社会というのは実に優しいものだ。

 この場合の社会というのは,突き詰めればもちろん人間のことではあるのだけど,人間同士が決めた(家族などというものより大多数の人間が合意した)ルールである。働けば条件どおりの給料が支払われる。貸したものは返される。ルール違反したものは罰せられる。もちろん,家族にもよい面はある。働かなくても給料がもらえる。借りたものを返さなくてもいい。すべてがそうではないけれど,ルール違反が多少認められるのも家族のよいところだろう。

 何かをしても報われないことがあるのが家族の悪い面であり,何もしなくても何かを得ることができるのが家族のよい面だと書いてしまった。しかし本当は,社会のルールから逸脱した家族ルールはどっちに逸脱しても不幸な結果になる。それがつまり,甘やかされて育ったり,厳しすぎるほど厳しく育てられた殺人鬼たちの誕生ということだ。

 家族に自分を合わせようとするとろくな結果にならない。人間は,より多くの人間を相手に妥協点を探っていくことで,成長し,癒しを得ることができるのだ。

水から沸かしていくと蛙は逃げない

 たとえばある日,道を歩いている車に引きずり込まれる。縛り上げられ,目隠しされる。そしてそのままどこかに連れ去られる。

 気が付くとどこかのビルの三階の一室である。窓には格子がはまっていて外には出られないが,大声を出せば近所に聞こえそうな気配はする。縛られているわけでもない。服装もそのままだ。出入り口のドアは固定されていて,下のほうに食事を入れるための口がついている。一日二食だが,それなりのものが出され,自分が監禁されたことに気づく。食事係の人間は口を利かない。三日が経過すると,異常性を感じるので,大声を出してみた。特に反応はない。だが,食事をすると眠くなり,目が覚めると今度は本格的な地下室の中にいた。そこで一週間監禁される。食事は二回。風呂には入れない。大声で叫ぶが,知らないとか駄目だとか,そんな返事しか返ってこない。一週間が経過すると,突然,マスクをして鞭を持った男があなたを殴打する。目的の分からない拷問だ。寝ている間に両手両足を縛られることもある。縛られた状態で棒で殴られる。服は脱がされ,もちろん強姦される。性別に関係なく。

 状況はどんどん悪くなる。一週間とか,二週間とかを区切りに,だんだん悪くなる。殴る棒には釘がつき,おかしな器具を肛門や性器に突っ込まれる。やがて足の指,手の指,耳が切り取られる。目が取られる。歯が折られる。腸や性器は致命的に傷つき,出血が止まらない。食事もろくに摂れない。頭はボーっとし,痛みを忘れるために,何も考えないことが身につく。それでも全身は少しずつ切り取られ,茹でられ,焼かれる。気が狂って,何も考えられなくなる。縛られた状態のままでひたすら暴れる。そしてやがて死ぬ。

 何が言いたいか。徐々に悪くなっていくという環境に,人間はひどくもろい。なぜなら,生物として持って生まれた適応能力というのがあるからだ。

 僕は適応能力というものを,基本的にすばらしいものだと思っている。けど,ご存知のように,これは家畜の牛や豚にも備わっている能力でもある。成長するのに最低限の環境を与えられ,いずれ殺される状況でも,動物は生きていってしまう。非常に邪悪な発想ではあるけれど,もしも人間が家畜化されたとき,檻の中の人間がどのように振る舞うだろうかと想像すると怖いものがある。おそらくは,ほかの家畜と同じように,食って,寝て,一部の雌雄が子孫を残すというサイクルに組み込まれるのではないかと思う。野生の豚がいるように,野生の人間もいるだろう。だけど,家畜になっても,特に抵抗せず,出荷の日までをのほほんと生きる人間もたくさんいるのではないだろうか? というか,檻の中で生まれたら,そうやって生きるのではないか? そして,それこそが人間の人生だと思うようになるのではないか?

 適応してしまった環境を,これでは駄目だと思って抜け出すのはものすごいことだ。俺が思うに,それはもはやヒーローとか独立独歩といったものではない。環境という社会からの逸脱であり,ほとんど気違いのような行為だ。周りの人間からは奇異の眼で見られることだろう。何をしているのか,何を求めているのか分かる人もいないのではないかと思う。

 これを読んでいるあなたがそういう人間か? これを書いている私がそういう人間か? それはよく分からない。統計的に,人数が集まると,必ず独自のルールを作り出す人間が現れるそうだが,それがどういう人間かというのはよく分かっていないのだ。

 自分ではないような気がする。だが,誰かが変なことを始めたとき,その人がしようとしていることを理解して賛同できる程度の頭の良さは持ちたいと思っている。

おばあちゃんそんなこと言わないで

 いくつになっても世の中のことが分からないという言葉をたまに聞く。世界は分からないことだらけだと。

 世の中を理解するというのが何を指しているのかといえば,「原因と結果」のことではないかと思う。

 世の中から戦争がなくならない。なぜか? 分からない。

 世の中から犯罪がなくならない。なぜか? 分からない。

 世の中から偏見や差別がなくならない。なぜか? 分からない。

 それぞれの戦争,それぞれの犯罪,それぞれの偏見や差別に,それぞれの背景があるだろう。どこかの馬鹿がはじめたのかもしれないし,どこかの馬鹿がそういう風に子供を育てたのかもしれない。けど,どんなに原因があっても,それを解決することで結果を回避できるわけじゃない。

 つまり,税金が上がったり,株価が暴落したり,失業率が上がったりすることに,はっきりした原因があるのかも分からないし,もしあったとしても,それに対策を立てて実行することで回避できたのかどうかも分からない。というか,回避できないように思える。

 世の中予測不可能なことばかりだ。つまり,「世の中のことが分からない」ってことだ。

 どうしてこうなのか。どうして変わらないのか。どうして変わるのか。分かったように思えることもあるが,そういうものはたいていまやかしである。

 宗教も答えを与えてくれるように思うが,あれも結局のところ諦めさせる結論しか出していないように思える。「どうしてそうなのか?」に対する回答はそれなりに出すけど,「どうすれば避けられるか」については答えが無い。しょうがないから諦めなさいと諭すだけである。祈ったり寄付をしたりしても,地震や津波に巻き込まれる可能性が減るわけじゃない。それどころか,犯罪や戦争だってなくなりはしないのである。

 人間は結局体験から学ぶしかないので,年を重ねながら世の中のことを学んでいく。「女はみんな嘘つき」とか「みんな自分のことしか考えていない」とか「出る杭は打たれる」「正しいことを言うと嫌われる」「世の中金」……ま,何でもいいけど,そういう自分だけの「世の中ってやつは」を作り上げていくのである。

 何も考えてないとか,そんなルールは作ってないとかいう人たちも,本当はそういうルールを作っているのである。なぜなら,家庭から離れたり,住んでいる町から離れたり,今の国から離れたりしたときに,ルールが通用しないと感じるときがあるからだ。無意識に守っていたルールが,実は自分たちだけのルールであったと認識していないだけである。「ああすればこうなる」という自分のルールは自分で作り上げ,そして絶えず修正していく必要があるのである。謝れば怒られないとか,お願いすれば聞いてくれるとか,そういうのにもいちいちそれぞれの方法があるので,簡単にはいかないのだ。

 閑話休題。世の中のことが分かりたいという願望は人類共通なのかという疑問がある。みんな宗教を持っているんだから,多くの人はそうなんだろうと思うが,一方で,はっきり言葉にすると,「そんな願望は無い」と答える人も多いのではないかと思う。

戦場に出たことのない隊長なんて・気持ちの問題その1・昔は苦労していた

戦場に出たことのない隊長なんて

http://d.hatena.ne.jp/essa/20060330/p2 で話題になった「繋がりの社会性」としての嫌韓問題って文章が興味深かった。

 議論は広範囲に及んでいるのだが,ここで書きたいのは2ちゃんねるではネガティヴな意見しか書き込まれないし,mixiではポジティブな意見しか書き込まれないという意見についてである。まったくその通りだなあと思うと同時に,日本での議論の不毛さを感じたんだけど,同時に,本当に海外ではちゃんとした議論がされているの?って疑問が首をもたげたのである。

 結論を言うと,そんなことはない。黒人と白人,リベラルと保守派は年がら年中対立しているし,誰が何と言おうと民主党支持者の言うことは聞かないとか,イスラム教徒はアメリカの政治に口を出すなとか,まあ,意見の内容に関係のない根拠で議論することのなんと多いことか。いやらしいことを言いたくはないけど,結局のところ,人間なんてそんなもんなのである。

 相手の立場やこれまでの経緯を棚に上げて,その場の議題とその場の発言だけで議論を進めるなんてことは,言葉を悪く言ってしまえば理想論なのである。絵に描いた餅なのである。誰もそんなことはできない。

 教育問題の議論の場で必ずこう聞かれる。「あなたに子供はいますか?」

「いません」という答えを聞いて,相手が「やっぱりね」というシーンを私は何度見ただろうか? 世の中には不妊で悩む夫婦がごまんといるというのに,なんということだろうか。

「ゲームは有害です」「ゲームをやったことはありますか?」「ありません」「やっぱりね」

 議論というのは前提条件や,自明となる真実があって,それさえあれば言ってる本人のバックグラウンドというのは関係ないはずである。利害関係者としての立場ってものもあるだろうけど,純粋な議論にはそういうものは関係ない。筋が通っていれば利害関係者の意見にだって一理あるし,筋が通っていなければ学者や裁判官の意見だって議論に採用される資格はない。それでもやはり人は意見を聞くときにバックグラウンドを求めるし,それ次第で説得力を左右されたりもする。「純粋な議論」なんて言葉は取り扱いが難しい。

気持ちの問題その1

何が難しいって「気持ちの問題」ほど難しいものはない。

男には多いと言われているけど,私も気持ちの問題には鈍い方である。

いきなりこんな話をされても意味が分からないだろうから順を追って話そう。

気持ちの問題とは例えばこんな状況だ。あなたが誰かに頼み事をするとする。コピーやお茶汲みかもしれない。代返やバイトのシフト交換かもしれない。ゲームの貸し借りや,シャーペンや消しゴムの貸し借りかもしれない。とにかくあなたはそういったことを人に頼むとする。大した手間じゃない頼み事だ。断られるなんて夢にも思わない。

「ちょっと○○してくれない?」

だが相手は渋い顔をする。そして言いにくそうに,あるいはハッキリと口にする。「嫌だ」

「なんで? どうして?」

「嫌なものは嫌だ」

頼まれた方もそれが大したことじゃないと分かっている。いつもなら請け負っていいことだ。だが,そのいい方が気に喰わない。やってもらって当然と思っている態度が癪に障る。だから断る。

これがいわゆる気持ちの問題だ。

内容が問題ではないので,「千円貸して」が「百円貸して」に妥協したところで駄目なのである。それどころか十円でも駄目だ。さらに悪いことに「じゃあ借りない」となっても問題が残ったままになるのが気持ちの問題の厄介なところである。

気持ちの問題と言ったけど──話がめんどくさいので,ここでは百円を借りる場面だとしよう(念の為に言っておくが,頼み事というのは世の中に蔓延する気持ちの問題の,ほんの一例に過ぎない)──問題の解決は百円借りることである。貸さないと言っている人間から借りることができればとりあえず解決である。

これも念のため言っておくが,相手が百円を持っていない場合,それは気持ちの問題ではない。気持ちだけではどうにもならない問題という奴である。

で,まあ,この気持ちの問題の解決は,下手をするとまったく違うアプローチになってしまうことが多い。

「なんで? お金持ってないの?」「持ってる」「あとでちゃんと返すよ」「それは当たり前だな」「ちょっとジュース飲みたいんだよ。喉乾いてるんだ」「我慢しろよ」「なんで貸してくれないんだよ?」

まあ,百円借りるのにここまで粘る人もいないだろうから非現実的だけど,「あとで返すから」とか「喉が乾いてるんだ」なんてのはこの気持ちの問題の解決のアプローチとしてはかなり間違っているということである。

間違っているが,断れた方の人間が気持ちの問題に鈍感だと,間違いに気がつかない。気がついても別のアプローチが思いつかないものである。

謝るとか褒めるとか丁寧な言い方でもう一度頼むとか,あと,時間を置くとか,そういうアプローチが必要である。

気持ちの問題についてはまた何か別の機会に語ろうと思う。

昔は苦労していた

 離婚した女性の知り合いがいるのである。母と叔母にそのことを話したら,「最近の子はすぐに離婚するねえ」ときたもんだ。事情も知らんくせにいきなりである。

「夫が家のことを何もしない人間だったらしいよ」と言ったら,「そのくらいで離婚するなんてねえ。昔はそれが当たり前だよねえ」である。

「家にいて嫁のことを役立たずのひどい扱いをしてたらしいよ」と言ったら,やっと口をつぐんだ。

 それからしばらくの間,いったいこれはなんなのだと思った。離婚には今も昔も人それぞれの事情がある。なのに彼女たちは,若い女の離婚には一律反対するかのような態度を取る。いや,実際に反対している。

 なんなんだこれは。

 女の情念の話をしているのではない。私はそこに世代格差というものを実感したのだ。

 母や叔母の反応は何かを考えてのことではなかった。脊髄反射のようなものだった。

 それが私の知り合いであるということを無視して,離婚した女性に対して「最近の子は……」とのたまったのである。

 男性に対して,離婚じゃなくてもそれっぽいことを言ってやれば,父やその世代は,「最近の子は……」と口にしたと思うのである。

 うまくそのとき感じたことを伝えられるといいのだが,ついダイレクトな表現になってしまう。ダイレクトな表現をすると,「あたしたちはすごく苦労したのだ。若い者も同じ苦労をさせてやりたい。同じ苦労をしていない人間は認めない」という感じである。それが戦後とか昭和とか高度成長期とか,はてはバブル期でも同じである。自分より若い奴は,自分と同じ苦労をしていないから駄目だ,という感じである。戦後の専業主婦が楽だとは言わないが,現代の共働きの夫婦より大変だとも言わない。くだらない先入観が多すぎるってことだ。だって,俺はそのとき,なぜ離婚したかの理由も言ってなかったんだぜ?

 一体なんだったんだろうと思うのである。

中学生の性の相談

初めまして。  投稿者:もも  投稿日: 9月30日(土)07時39分24秒
一成さん、初めて書き込みさせて頂きます。なぜここへ来てしまったのか。。。
それは「中学生の性」で検索したところ1番先に引っかかったからです。
ちなみに私は1971年生まれの女です。
昨日、私の家のすぐそばのベンチで中学生の男女がSexをしているのを
見てしまいました。
正直、吐きたくなる位胸にモヤモヤしたものが今朝になっても残っています。
私はその女の子の方を知っているので、ショックが大きかったのです。
噂好きのおば様達から「ここでやってるのよ!」と聞かされても、鼻で笑って「嘘だぁ~!」と信じないできました。・・・いや、信じたくなかったのです。
ずっと前から知っている、その可愛い女の子のイメージから想像も出来なかったのです。
でも、昨日見てしまいました。本当にやっていました。
もう子供ではない。そうですよね。。。
でも自分の中の固定観念の様なものが邪魔してやっぱり早過ぎる!と思ってしまうのです。
しかも家ではなく外。
いつもあんな所でしていたら、その内覗きにくる奴もいるのでは?男の子がどかされて
違う人にやられてしまうのではないか?とそれも心配。
妊娠もね。。。
親に伝えるべきなのでしょうか?
それともそっとしておいた方が良いのでしょうか?
家には小学生の男の子と女の子がいます。
これからの子育てが不安でたまりません。

もし、不適切な内容でしたら削除して下さい。
初めましてなのに悩み相談みたいになってしまってすみません。。。

という相談がやってきて,なんでうちにとか,どんなに検索しても一位ではなかったとかいう気持ちや事実は置いておいて,面白そうだから反応してみる。掲示板の返信にも書いたけど,こういう書き込みの内容は,創作なのか事実なのか分からないので,くすっと笑えて何の役にも立たないような,ええかげんさを目標地点と定めて降下を開始するのである。

その前にもう一度Yahoo!かGoogleで「中学生の性」で検索することを勧める(参考:GoogleYahoo!)。リンク先には(検索結果の一番上ではないけど)医者のアドバイスなども載っていて,真面目な話はこっちでも聞けるような気がする。最近の検索エンジンはクラスタサーバを構築してそのデータを等値化しているのでタイミングによって結果が変わることがよくあるのである。

テレビドラマ「ダーマ&グレッグ」ではダーマは常にオープンで,自分の部屋で両親公認で彼氏とセックスしていたというような話が出てくる。性にオープンであることはよいことであるという認識で育てられたわけだけど,その両親がヒッピーであることはここで書いておいた方がいいだろう。旦那のグレッグは両親とは性の話は絶対にゴメンだと考える堅物である。

まあ,それはそうと中学生が野外でやってしまうのは衝動もあるけど,社会がまさにそれを許していないからだと思います。ホテルに行くわけにもいかないし,お互いの部屋も無理だし,車もないからカーセックスも出来ません。自然と青姦になります。高校生も青姦率が高いんじゃないでしょうか? 知り合いで18歳以下で処女や童貞を喪失した場所を聞いた話を思い出すと,どちらかの部屋って意見も多かったけど,野外というのも結構ありました。あと,セックスはしてみたいけどコンドームを買うのが恥ずかしいというわけの分からない年齢でもあるので,避妊についてはかなり怪しいと思います。

なんでもやってみたいお年頃なんでしょう。何で覚えたのか気になりますが。

リアルな話をすると,やってる最中に,「避妊してる? はいコンドーム」とさりげなく渡してあげるのがおせっかいの妥協点のような気がします。生(ナマ)は駄目でしょう,生は。

「アンアンアンアン」「避妊してる?」「してます」「じゃあいい」「うっ! 出る!」という会話も相当間抜けだとは思うけど,「アンアンアンアン」「避妊してる?」「してません」「ちょっと待て!」「無理! 出る!」という会話は間抜けでは済みません。

わが子への影響ですが,経験的に,子供はなぜかタブーには敏感です。と,同時に鈍感でもあります。「ママ,あれ何?」という無邪気な質問は最初に必ずするものだけど,そのときの親の対応で,「あ,これはタブーなんだ」と感じ取ったら,二度と質問しません。そうすると二度と教える機会がありません。ちなみに私はちゃんと教えてもらった事柄もあるし,教えられなかった事柄もあります。でもって今答えられるのは,「説明されても全然理解できなかった」ということです。理屈は理解できるけど,第二次性徴がないと性欲そのものがピンとこないので,「ふーん」で終わってしまいます。

じゃあ説明しなくていいかというと,大人になってから親の説明を思い出して理解するものなので,理解できなくてもその時には正しい知識を正しい言葉で教えてあげないといけないと思います。親が真面目に話せば子供は真面目に聞くでしょう。内容は関係ないものです。

児童文学の専門家に,「うちの子供にはどの本を読ませたらいいでしょうか?」と質問する人が多いそうだけど,これに具体的な回答はないそうです。「親が子供にきちんと読んであげたら,どんな本でもいいです」というのが回答だそうです。実際,それが怪談であっても,意地悪さはあっても傷つけようという悪意がないのであれば,子供への悪影響はないそうです。

産婦人科や泌尿器科といった医者の先生たちは,「小五まで,とにかく早めの性教育を!」と言っています。私は保護者や教師の意見より,そういう中絶や性病の治療をする現場の人たちの意見の方が重く聞こえるので,それに従った方がいいんだろうなと思います。好奇心に火をつけることなんて,悪意や誤解や自己中心的な振る舞いによる心の傷より浅いもんだと思います。後悔はするかもしれないけど,若ければいくらでも取り返せるさ。

夜遅いせいもあってちょっとやっつけで書いてしまいました。もっと面白くなる題材だったと思うのにもったいない。

[漫画]ナツ100

ナツ100参加者募集という企画で,夏の漫画推薦100冊を列挙するという凄い企画がありました。面白そうなので参加します。これで最初で最後というか,もし来年やるとしてもほとんどのタイトルが重複すると思います。ちなみに現在の日時は2006年8月5日13時34分,書き終えたときに何時になることやら。

一番下にリスト形式で書いてあります。基本的にタイトルだけになると思うので,内容はAmazonレビューを見るなりほかのサイトを見るなりして評価してくだされ。当たり前だけど順不同。ここに書いてあるのは思い出した順です。Amazonリンクや紹介文も,時間を見つけて随時追加していく予定です。

スラムダンク

少年漫画の王道。

うしおととら

同じく少年漫画の王道。

帯をぎゅっとね!

初期の軽いノリでの柔道練習も面白かった。全国優勝を本気で狙い始めると,結局練習がどこも同じ風景になるので退屈といえば退屈。

シャカリキ!

こちらも少年漫画の王道。

GS美神 極楽大作戦

思い入れが深いです。絵は下手なんだけどテンポやリズムで読ませるタイプ。さらに後半になるとキャラクターの魅力も増してきて,尻上がりにすごくなっていく。

ONE PIECE

初めて見たとき,ジャンプ復活だと思いました。

ヒカルの碁

ラブロマ

アウトランダーズ

オフィス北極星

少年少女

福島聡

セクシーボイスアンドロボ

真夏の夜のユキオンナ

あさってDANCE

攻殻機動隊

AKIRA

風の谷のナウシカ

寄生獣

無敵看板娘

いでじゅう!

MASTERキートン

ヒミズ

ピンポン

松本大洋

銃夢 ガンム

夏子の酒

S60チルドレン

大阪豆ゴハン

ラフ

あだち充

どうにかなる日々

あずまんが大王

NARUTO

銀河鉄道999

ブラックジャック

デビルマン

まんが道

BLAME!

エイリアン9

ヨコハマ買い出し紀行

岸和田博士の科学的愛情

蒼天航路

まあじゃんほうろうき

ちびまるこちゃん

ベルセルク

クーの世界

バオー来訪者

漂流教室

頭文字D

宮本から君へ

沈黙の艦隊

湘南爆走族

ストップ!! ひばりくん!

Dr.スランプ

こちら葛飾区亀有公園前派出所

Spirit of Wonder

鶴田謙二

ブラブラバンバン

ニア アンダーセブン

ハッピーマニア

地獄組の女

おんなの子の条件

安彦麻理絵

pink

岡崎京子

幻想の普通少女

県立海空高校野球部員 山下たろーくん

拳児

機動警察パトレイバー

砂ぼうず

臥夢螺館

低俗霊狩り

惨劇館

御茶漬海苔

まもって!守護月天

めぞん一刻

東京大学物語

ツルモク独身寮

あまいぞ!男吾

ドラゴンヘッド

サーフサイドハイスクール

コージ苑

かしましハウス

ぼのぼの

ゴールデンラッキー

月光の囁き

幕張

木多康昭

あんたっちゃぶる

さぼんどーる

日高トモキチ

りりむキッス

宇宙家族カールビンソン

動物のお医者さん

燃えよペン

うずまき

美鳥の日々

ファンタジスタ

優&魅衣

ハイスクール奇面組

三年奇面組も含む。

北斗の拳

殺し屋1

じゃりン子チエ

鉄人ガンマ

微熱少年

大前田りん

入手は困難だと思います。

我らの流儀

入手は困難だと思います。

愛米(ラブコメ)

りびんぐゲーム


作成は5時間くらいかかりました。

感想:CLAMPに傑作ってないなあとかファイブスター物語が入れられないのはつらいなあとか。最後の15個が難しかった。難しかったけど,優劣はありませんと念を押しておきます。これ,漫画好きが5人くらい集まったら,それだけでオールタイムベストができそうだなあと思った。

(2006年8月7日)あー,リスト更新したいとほかの人のリスト見てしみじみ思います。おそらくほとんどの人がそうでしょう。そういうのも含めて,ここはあえて更新しません。なんであれを入れなかったんだとか,もうね,キリがないです。機会があったら,またこんどリベンジだ。

リスト

  • スラムダンク
  • うしおととら
  • 帯をぎゅっとね!
  • シャカリキ!
  • GS美神 極楽大作戦
  • ONE PIECE
  • ヒカルの碁
  • ラブロマ
  • アウトランダーズ
  • オフィス北極星
  • 少年少女
  • セクシーボイスアンドロボ
  • 真夏の夜のユキオンナ
  • あさってDANCE
  • 攻殻機動隊
  • AKIRA
  • 風の谷のナウシカ
  • 寄生獣
  • 無敵看板娘
  • いでじゅう!
  • MASTERキートン
  • ヒミズ
  • ピンポン
  • 銃夢 ガンム
  • 夏子の酒
  • S60チルドレン
  • 大阪豆ゴハン
  • ラフ
  • どうにかなる日々
  • あずまんが大王
  • NARUTO
  • 銀河鉄道999
  • ブラックジャック
  • デビルマン
  • まんが道
  • BLAME!
  • エイリアン9
  • ヨコハマ買い出し紀行
  • 岸和田博士の科学的愛情
  • 蒼天航路
  • まあじゃんほうろうき
  • ちびまるこちゃん
  • ベルセルク
  • クーの世界
  • バオー来訪者
  • 漂流教室
  • 頭文字D
  • 宮本から君へ
  • 沈黙の艦隊
  • 湘南爆走族
  • ストップ!! ひばりくん!
  • Dr.スランプ
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所
  • Spirit of Wonder
  • ブラブラバンバン
  • ニア アンダーセブン
  • ハッピーマニア
  • 地獄組の女
  • おんなの子の条件
  • pink
  • 幻想の普通少女
  • 県立海空高校野球部員 山下たろーくん
  • 拳児
  • 機動警察パトレイバー
  • 砂ぼうず
  • 臥夢螺館
  • 低俗霊狩り
  • 惨劇館
  • まもって!守護月天
  • めぞん一刻
  • 東京大学物語
  • ツルモク独身寮
  • あまいぞ!男吾
  • ドラゴンヘッド
  • サーフサイドハイスクール
  • コージ苑
  • かしましハウス
  • ぼのぼの
  • ゴールデンラッキー
  • 月光の囁き
  • 幕張
  • あんたっちゃぶる
  • さぼんどーる
  • りりむキッス
  • 宇宙家族カールビンソン
  • 動物のお医者さん
  • 燃えよペン
  • うずまき
  • 美鳥の日々
  • ファンタジスタ
  • 優&魅衣
  • ハイスクール奇面組
  • 北斗の拳
  • 殺し屋1
  • じゃりン子チエ
  • 鉄人ガンマ
  • 微熱少年
  • 我らの流儀
  • 愛米(ラブコメ)
  • りびんぐゲーム

自己紹介バトン

mixiの魔人さんからバトンをいただきました。例によって。

1.回す人5人を最初に書いておく。

  • さくらさん
  • 一さん
  • ハム(見てるとは思えんけどどつきの彼)
  • koji(どつきの管理人)

2.お名前は?

長谷川一成

3.おいくつですか?

最後まで伝える/自己紹介を参照のこと。

4.ご職業は?

プログラマです。

5.ご趣味は?

これも最後まで伝える/自己紹介を参照のこと。

6.好きな異性のタイプは?

これも最後まで伝える/自己紹介を参照のこと。

7.特技は?

無駄な知識を頭にたくわえること。といっても,クイズチャンピオンなどにはとてもかなわないです。

8.資格、何か持ってますか?

普通自動車免許と大型二輪。そういえばバイクの免許は,「原付→中免→限定解除」と順調に取ってるなあ。

9.悩みが何かありますか?

マジレスすると中年の危機。このままの人生でいいのかと悩んだり。

10.お好きな食べものとお嫌いな食べものは?

よい質問だったので自己紹介のページに追記しました。

11.貴方が愛する人へ一言

自分を否定しないように。そのままで最高の君さ。

12.回す人5人を指名すると同時に、紹介

  • さくらさん
    • 文法・思考パターンが自分とまったく異質です。まあ異質過ぎてたまにじれったくなることもありますが。
  • 一さん
    • なぜか大学時代から親交が続いている不思議な縁。やはり自分の思考パターンと違っていて,とくに音楽・芸術方面では学ぶことが多いです。
  • ハム
    • 古い知人。元気にしているかなあ。頭がいいです。
  • koji
    • ネットとの距離の置き方が見事な人であった。
    • 家族の紹介って難しい。えーと,おぼつかなくなってきているけど英語が喋れます。

好きな人に望むバトン

例によってmixiの魔人さんからのバトンです。これ,項目間の相対評価でないと意味がないと思ったので,「より重視する割合」を全体100に対する数値で答えようと思います。1と2を比べるなら,頭のよさとスポーツ万能はどちらを重視する?という感じで。


Q.01 : 頭は良い方がイイ?

25

はい。ただ,自分より馬鹿は嫌だけど,自分より頭がいい人(というか回転が早い人)はそれはそれで難しいです。自分の理解が一瞬遅れるため,どうしてもタイミングがズレます。……自分がホームページでじっくり文章を書いているのも,そういうその場では言えなかったことが多いからです。

Q.02 : スポーツは万能な方がイイ?

0

はい。これはもう自分よりよくてもなんにも問題ないです。ただ,好きな人と一緒にスポーツすることを重視しないので,相手ができなくても気にしない。相手が自分よりうまくても気にしない。

Q.03 : 料理は出来た方がイイ?

10

自分も料理は出来るけど,やっぱり料理が出来る人はいいですよ。手料理がうまいとやっぱりくらっときます。「俺が守る」みたいな……キモい?

Q.04 : 優しい人がイイ?

5

優しいにも色々種類はあるけど,なんかしらの優しさは持ってる人がいいです。優しくない人でも,まあ好きになっちゃったらしょうがないかな?

Q.05 : 面白い人がイイ?

15

それはボケが欲しいかということですか?(笑)

ボケと突っ込みでいったら,好きな人に望むのは……突っ込みかなあ。ボケがあってもいいけど,お互い,相手のボケをスルーするようになったら終わりです……大抵の夫婦はスルーしてるか?

Q.06 : 強い人がイイ?

5

キョドらない程度の普通の強さでいいです。弱くてもいいということではないので0ではないです。

Q.07 : 気が利く人がイイ?

0

「そりゃ,気のきく人の方がいい」ってもんですが,ほかの項目に比べると大したことないです。気が利かないなら,自分から伝えるか,自分でやっちゃうか,どっちかなので。

Q.08 : お金持ちがイイ?

0

0だけど,お金持ちの方がいいにはきまってるよな。

Q.09 : オシャレな人がイイ?

0

「この格好はどうですか?」に好きな人からコメントが欲しい。あと,あんまセンスないのでできれば見繕って欲しい。ただ,お洒落じゃないならお洒落じゃなくてもそれはそれで。

Q.10 : 歌は上手な人がイイ?

0

求めたこともないです。下手なのよりは上手な方がいいのかな? しかしカラオケにでも行かない限りはどうでもいいような。

Q.11 : ダンスは上手な人がイイ?

0

下手でもいいけど,ダンスが上手な人っていいですよね。

Q.12 : 貴方はお姫様・王子様扱いされたい派?

0

まあ,王子様扱いをしてくれるならそれはそれで嬉しいですけど。

Q.13 : 貴方は引っ張って欲しい派?

5

年中こっちの出方を窺っていられるのも疲れるので,たまには引っ張ってください。

Q.14 : レディファーストはどう思う?

番外。

まあ,文化ですよ。

Q.15 : カッコイイ人とカワイイ人ならどっち?

番外。

カッコいい人ですね。

Q.16 : タバコ吸う人はOK?

10

んー,どうだろう? 口の中がヤニ臭いとキスとかで冷めそうだ。それがなければオーケーかな? 妥協点はあると思う。なるべくなら吸わない人の方がいいです。

Q.17 : お酒飲む人はOK?

0

体を害さない程度なら。逆にまったくの下戸でも問題はないです。

Q.18 : ギャンブルする人はOK?

5:相手がギャンブルするかどうかと他の項目との重要度の比率はこんなもん。

で,あまりして欲しくないなといったところ。

Q.19 : 浮気は許せる?

10:他の要素と比べて,この倫理的ルールの重要度って意味です。

モテるとかモテないとかは置いておいて,恋愛においてその手のドキドキは欲してないです。というわけで,許せんが,頭がよくて面白い人なら,浮気されても許してしまうかもって感じ?

Q.20 : Sの人とMの人ならどっちが良い?

5

どっちがと言われたらMの人のほうがいいです。ただ,相手がSでもその時はその時でしょうがない。

Q.21 : 好きなタイプを

番外。

年上とか好きです。

Q.22 : 好きな人が二人出来ちゃった。貴方ならどうする?

番外。

選べるんだったら選ぶ。どちらか選べないんだったら,なんとなく自分にとってはどっちでもないんじゃないかと思って両方スルーしてしまいそうだ。ホントに二人とも好きなるという状況が発生したとしたら……そのとき任せになると思いますが,正しい判断は出来そうにないな。

Q.24 : 理想の体形は?

番外。

長身スレンダー。

Q.25 : 髪型は、ロングとショートならどっち?

番外。

ショート。

Q.26 : 髪を元の色以外に染めてる人はOK?

0

0だけど,あえて何か言うなら,それでも髪の色は似合っている人の方が似合っていない人よりいいです。

Q.27 : オタクな彼氏・彼女は?

5

これは逆に,相手も多少のオタクであった方がいいなと。もっとも,人間は大抵,どっか変なところにこだわりがあるもんですが。

Q.28 : では最後に、バトンを渡す人

持ってけドロボー。

指定Wordバトン【世界】

というわけで魔人さんの日記から。今度は【世界】。


■■■ 指定型バトンのルール ■■■

廻してくれた人から貰った指定Wordを【 】の中に入れて答える事。

■最近思う【世界】

うわっ。いきなり難しい。ワールドカップとか答えちゃあかんだろうなあ。そんな内容では何より自分が自分を許せん。

世界的に右傾化が激しいと思います。自分さえ良ければいいのだ。それで何が悪いって感じ。

■この【世界】には感動!!!!!

んー,現実よりフィクションの世界に感動することが多いですね。ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説なんかが感動です。みんな変わり者で。

■直感的【世界】

徐々に冷めていくもの。

■好きな【世界】

多様であること。よい意味で混沌としていること。多少危険でも俺はバラツキを望むぜ。

■こんな【世界】は嫌だ!

上の逆に平均化された世界。みんな無難なことしか言わず,無難なことしかしない世界。犯罪もなく,発明もない世界。そんな世界は勘弁だぜ。

■この世に【世界】がなかったら…

わはは。まあ,村社会で買い物も近所で済ますんだったらひょっとしたら世界なんてものは存在しないのかもしれません。……その場合はそれが世界なのか?

■次に廻す人、5人を(指定Word付きで)選びます。

一目惚れはあるでしょう?(笑)

指定Wordバトン

よく思いつくなあと感心する。この企画は新しい。魔人さんから。


■■■ 指定型バトンのルール ■■■
廻してくれた人から貰った指定Wordを【 】の中に入れて答える事。

魔人さんからの指定Wordは【趣味】。

■最近思う【趣味】

アニメを見るようになってから会社の人と距離が一段と広がったなあと思います。ちなみに私が「はてなダイアリー」を使うようになったのは自転車レースを誰かと話したかったからです。自転車中心で行くはずだったのに気がつけばアニメまみれのダイアリーに!

■この【趣味】には感動!!!!!

グラビアアイドルの画像掲示板に行ったとき,顔もない写真を見てそれが誰だか当てる人には感動した。「趣味」なのか「グラビアアイドルマニア」なのか「グラビアアイドルオタク」なのか,呼び方は分からないですが,突き抜けた趣味は種類を選ばず感動します。

私は全然興味ないですが,鉄道関係の趣味にも感動させられることがありますね。

■直感的【趣味】

「好き」とか「ピンと来た」とか? そもそも趣味って直感的なもんでしょう。人の目を気にして始める趣味や止める趣味は趣味とはいえません。

■好きな【趣味】

好きな趣味って難しいです。アウトドア・インドア問いません。地味なのも派手なのも好きです。頭を使うのも頭を使わないのも好きです。

■こんな【趣味】は嫌だ!

金がかかりすぎるというか,踊らされてる感じのは嫌ですね。トレーディングカードとか。新興宗教とか。

■この世に【趣味】がなかったら…

うわあ,想像もつかない。ギリシアに神話がなかったらって感じですか? まだ人類は農耕やってるんじゃないでしょうか?

■次に廻す人、5人を(指定Word付きで)選びます。

答えるのは楽しいけど,回すのは難しいよなあ。ま,受け取る方に義務はないんで,その辺を気楽に受け取って欲しいもんです。魔人さんにも投げ返してみたり……。あれならどんどん無視する方向で。

→さくらさん   【日本代表】
→ようすけ   【広橋涼】
→魔人さん   【一目惚れ】
→El-ahrairahさん  【インレの黒うさぎ】
→tac  【モナコ】

意外と楽しかった。ほかのWordでもやってみたいところである。